小鼻の黒ずみをとる方法

小鼻の黒ずみに悩まされている人も多いのではないでしょうか。
小鼻の黒ずみは皮脂の過剰分泌で起こると言われています。

 

小鼻の黒ずみが出来るということ自体がケアを怠っていると言っても良いこととなるのですが、
場所がとても目立つ場所だけに目も当てられないような状態となり、
気分的にも相当落ち込んでしまうことにもなりかねません。

 

外出することすら嫌になってしまうかも知れません。

 

小鼻の黒ずみをとる方法は、角栓を詰まらないようにすることが大事です。
毛穴の汚れは、メイクで隠すことはできません。

 

毛穴パックでごっそりとっても4〜5日後には、また汚れが出てきます。
毛穴パックで汚れを取っても中々取れないのは、毛穴のシミが原因です。

 

毛穴に長い間角栓が詰まっているとシミができてしまいます。
そうなると毛穴をきれいにしても小鼻の黒ずみは取れません。

 

小鼻の黒ずみをとる方法は、まず角質を柔らかくすることが大事です。

 

クレンジングの前に蒸しタオルパックをするとよく、
定期的にピーリングすることで角質を柔らかくすることができます。

 

角質が硬くなると毛穴の詰まりの原因になるので、
蒸しタオルパックをして、ピーリングも週2回程度しましょう。

 

毛穴の汚れが酷い人は、洗顔を見直すことです。
洗顔でしっかり汚れが取れないと、結局残ってしまうからです。

 

泡立ちがよく汚れを吸着してくれるクレイ配合の洗顔料を使用しましょう。
クレンジングを見直すことも大事です。

 

毛穴の詰まりが気になる場合は、オイルクレンジングを使用すると良いです。

 

小鼻の黒ずみをとる方法は日頃からのケアがとても重要です。
それは洗顔と保湿ということになります。

 

洗顔はゴシゴシ強くこするような洗顔を行うのではなく
お湯や水で洗顔はしないでぬるま湯を利用するというのがポイントです。

 

洗顔石鹸はしっかりと泡立てて優しく洗うということがとても重要となってきます。
朝と晩には必ず洗顔を行い、洗顔後にはしっかりと保湿をしましょう。

 

化粧水、美容液、乳液、クリームの順を守るということが大切な流れとなります。
洗顔にしても保湿にしても過度にやり過ぎないというも大切です。